【ストーカー女の心理や特徴まとめ】女の執念はヤバい…

更新日:

ストーカー女の心理

世の中には、ストーカー気質を持った女性がいます。

「ストーカーは男性が女性に行う行為なのでは?」
「ストーカーは男性がなるのでは?」

そのようなイメージは大きな間違いです…!

男性だけではなく女性にもストーカーはいます。しかもタチが悪い…。

ここでは、ストーカー女の心理や特徴について詳しく見ていきましょう。

男性だけじゃない!急増するストーカー女の正体とは?

ストーカーと聞くと、女性が男性に執拗に付きまとわれるイメージがあります。

その証拠として、ストーカーの約8割が男性というデータが出ていました。

しかし、現在ではストーカー女も急増していますので、あなたの身近にいても決して不思議ではありませんよ。

そもそも、ストーカー行為が一体何を指しているのか具体的な定義をまとめてみました。

  • 付きまといや待ち伏せ
  • 監視していると相手に告げる
  • 強制的な面会や交際の要求
  • 乱暴な言動
  • 執拗に送る電話やFAX
  • 性的羞恥心の侵害
  • SNSやブログでの執拗な接触

「仲の良い友人だと思っていたけど実はストーカー行為をされていた」「別れた後に付きまとわれた」というのがストーカー女の正体です。

ストーカー行為を行うのが男性の場合は、基本的に待ち伏せや電話など相手のプライベートを狙う傾向があります。

一方で女性の場合は男性の仕事を狙って妨害してくるのが特徴ですので、皆さんが想像している以上にストーカーは厄介な存在ですね。

複数の種類に分けられるストーカー女!

ストーカー行為を行う女性と一口に言っても、複数の種類に分けることができます。

女性の性格により、ストーカー行為に至る心理や相手への接し方が異なるのが特徴です。

以下ではストーカー女の種類別で、どのような違いがあるのか説明していきます。

ナルシスト的ストーカー女 自己顕示欲の強い女性が陥りやすく、自分を否定した男性に対してストーキングする傾向がある
復讐的ストーカー女 ターゲットになる男性に対して強い怒りや恨みを持ち、復讐のためにストーキング行為を行う
自虐的ストーカー女 「あなたが振り向いてくれないと自殺するよ」と相手の同情を買う事が狙い
サイコパス的ストーカー女 人に対する愛情や良心が欠如していて、ストーカー行為に対する罪悪感がない

どの種類のストーカー女でも、放置して自然に解消されるわけではありません。

復讐的ストーカー女は時間の経過で行為がどんどんエスカレートし、犯罪に繋がるケースも十分にあり得ます。

実際に女性からストーカー被害を受けて事件に発展した事例はありますので、「女だから大丈夫だろう」という考え方は危険ですよ。

ストーカー女の心理や特徴をまとめてみた

一般的な人から見れば、なぜ異性に対してストーカー行為を行うのか疑問です。

「こんなことをしても何の得にもならないのにな」と考えるのは普通ですが、ストーカー女には常識が通用しません。

そこで、ここではストーカー女の心理や特徴を解説していますので、なぜストーカー行為を行うのか詳しい理由について見ていきましょう。

人格障害で自分を客観視できない

ストーカー女の中でも危険度の高い心理状態の人は、人格障害によって自分を客観視できません。

自分で自分自身を見つめ直すことができないため、次のような心理に至ります。

  • 相手の男性に迷惑行為をしても悪いことだとは思わない
  • 自分が相手の男性に嫌われていることに気付かない
  • プライドが高くて今の現実を受け入れることができない

ストーカー行為によって相手が離れるのではなく、「いつかは自分を好きになるだろう」と自己中心的な考え方をしている方が多いのです。

「好きなあの人に会いたいから待ち伏せする」「好きな人の住んでいる場所が知りたいから付いていく」などの心理行動は、自分を客観視できていない証拠ですので、ストーカー予備軍になりやすいでしょう。

依存性の高い女性

依存性の高い女性は、ストーカー女になりやすい特徴があります。

相手に対する依存性の高い人は、次のような行為で不安感をなくしたいという心理が働いているのです。

  • 付き合ってもいない男性の交友関係や行動範囲を調べる
  • 交際範囲から仕事関係まであらゆる面を束縛する

好きな男性に対して強い執着心を持っていますので、知らず知らずのうちにストーカー行為を行っているケースは少なくありません。

身近に依存性の高い女性がいるあなたは、気付かないうちにストーキングされることもありますので注意が必要ですね。

好きになると周りが見えなくなるほど一途

「好きな人ができたら自分の気持ちに一直線」という一途な女性を彼女や妻にしたいと考える男性はたくさんいます。

献身的に彼氏や夫を愛してくれますので、サバサバした女性と比べてモテやすいのは間違いありません。

しかし、一途すぎる女性ほど相手を好きになると周りが見えなくなるため、ストーカー女になりやすいのです。

  • 他のことが目に入らなくなって冷静な判断を下せなくなる
  • 相手に知らしめるために傲慢でわがままな行為を行う
  • わがままな性格ではおさまらないような行為を行う

最初は純粋に一途だとしても、上記のようにストーカー行為に発展することはあります。

男性であれば誰でも自分を好きになってくれる人がいれば嬉しいのですが、「普通の範囲内なのか?」「異常さはないか?」といった点を警戒しておきましょう。

男性に対する不信感が強い

過去の恋愛で何かトラウマがあって男性に対する不信感が強くなると、女性はストーカー行為を繰り返すようになります。

なぜ男性に対する不信感が強くなると危険なのか、ストーカー女の心理を幾つか挙げてみました。

  • スマホを勝手に見て相手の全てを把握したいと強く考える
  • 今日は何をしていたのかしつこく聞いて相手を監視していたい

男性不信になる原因は、「信頼していた男性に裏切られた」「元彼に傷つけられた」「仕事でセクハラやパワハラを受けた」など様々です。

過去の嫌なトラウマが引き金になって男性を信じられなくなり、好きになった人の全てを把握する目的でストーカー行為を行ってしまいます。

プライドが高い

「自己中心的」「思い込みが激しい」「依存性が高い」といった点だけではなく、プライドが高い方もストーカー女になりやすいのが特徴です。

プライドが高い女性は、次のように自分に自信が持てない状態を偽装してストーカー行為に至る心理状態の可能性があります。

  • プライドが高いのは見た目や内面のコンプレックスの裏返し
  • プライドが高いからこそ自分の征服欲を満たしたい

このような心理状態に陥って激しくなると、好きになった相手の男性を束縛する目的でストーカー行為に走るわけです。

また、一般的にストーカーは男性⇒女性、女性⇒男性と異性に対して行われますが、プライドの高い人は同性へのストーカー行為に走るケースもあります。

「ターゲットの女性に憧れを抱いていて負けている自分が許せない」「ちやほやされている女性を見て嫉妬心を持っている」という場合、ストーカー行為でネチネチとした嫌がらせをしやすいのではないでしょうか。

まとめ

以上のように、ストーカー行為をするのは男性だけではなく女性にも当てはまります。

ストーカー女と一口に言っても人によってタイプが分かれますが、、

「被害者男性は自分のことが好きだ」
「相手の男性を自分のものにしたい」

このような心理が働いている点では同じですね。

あなたの身近にもストーカー気質を持つ女性がいるかもしれないので、十分に注意してください。

- ストーカー心理

Copyright© ストーカー被害SOS , 2020 All Rights Reserved.