集団ストーカーによる嫌がらせの対策法!

更新日:

集団ストーカーの対策法

集団ストーカーとは、複数人による組織的なストーカー行為を指しています。

一般的には個人で特定の異性に対してストーカー行為を行いますが、集団ストーカーで被害者に嫌がらせをする宗教団体は存在するのです。

通常のストーカー行為とは一線を画しますので、集団ストーカーに対してどのような対策を練れば良いのか正しい知識を持っておきましょう。

集団ストーカーの手口とは?

集団ストーカーはガスライティングとも呼ばれている行為で、複数人でストーキングを行うことを指します。

集団ストーカーの手口は、大きく分けると次の2種類です。

  • 携帯電話やスマホを使った個人情報の収集
  • 被害者への待ち伏せや電話などの嫌がらせ

不特定多数の人が尾行や監視、付きまといの行為などの嫌がらせを被害者に行い、心身ともに弱らせていきます。

集団ストーカーの目的は組織によって異なりますが、会社組織によるリストラや新興宗教団体の方針に従わない信者への嫌がらせが代表的ですね。

集団ストーカーによる嫌がらせの対策法はこれだ!

集団ストーカーでは被害者の人間関係や一日の行動パターンを調査し、精神的に追い込む嫌がらせ行為を行います。

組織が絡んでいる問題ですので、一般的なストーカーに対する対策ではあまり効果がありません。

しかし、放置していると身体的にも精神的にも追い詰められて日常生活に支障が出るケースが多いので、集団ストーカーによる被害を受けている方は正しい対策を行うべきです。

このページでは集団ストーカーによる嫌がらせの正しい対策法をまとめてみました。

大人数で心理的な攻撃を仕掛けてくる集団ストーカーに対して何をすれば良いのか、具体的な方法を押さえておきましょう。

警察に被害届を出しても問題の解決は難しいと心得ておく

集団ストーカーの対策について説明する前に、警察に被害届を出しても問題の解決は難しいと心得ておかないといけません。

なぜ警察に相談してもあまり意味がないのか、一般的なストーカーと集団ストーカーで違いを見ていきます。

一般的なストーカー 被害者と加害者が明確
集団ストーカー 不特定多数の人間を使うので加害者が分かりにくい

集団ストーカーでは相手の特定が大変難しいだけではなく、被害者に対して直接的な危害を加えないので、警察に相談しても力になってくれないケースが多いのです。

取り締まり自体も容易ではないため、集団ストーカーは別の対策法を考える必要がありますよ。

本当に尾行や待ち伏せが行われているのかチェックする

あなたの勘違いにより、「集団ストーカーによる被害に遭っている」と訴えている方は少なくありません。

そのため、まずは本当に尾行や待ち伏せが行われているのかチェックする必要があります。

直接的な加害が存在しない初期段階では早めの察知が重要で、次のように怪しい点がないのか身の回りを確認してみましょう。

  • ガラガラの飲食店に入ると次から次へとお客さんが入ってくる
  • 混雑している飲食店に入ると別のお客さんが一斉に帰る
  • 監視視線を気にして周りのお客さんを見るとヒソヒソ話をする

集団ストーカーは、ほとんどのケースで何かしらの目的があります。

つまり、「自分は他人から恨みをかうことをしていないか?」「会社の人間関係で何かしらのトラブルはないか?」といった点を見直すのも大事です。

どのような被害に遭っているのか証拠を集める

集団ストーカーの被害を受けても、「やられたらやり返す」という対策はおすすめできません。

それは相手が少数の場合と違い、集団の意見で「被害者(あなた)は精神疾患の疑いがある」と主張する例が存在するからです。

かと言って具体的な撃退法は存在しないのですが、自分のできることとしてどのような被害に遭っているのか証拠を集めましょう。

  • 待ち伏せなどの嫌がらせ行為を受けた時の状況を詳しくメモする
  • ネット掲示板への被害書き込みは写メを撮ってレス番号を覚えておく
  • 映像や音声などの決定的な証拠を残す努力をする

上記のように、いつどこでどのようなことをされたのか明確にするのは集団ストーカー対策で重要ですね。

加害者である組織は平気であなたを精神的にオカシイとアピールしてきますので、被害の証拠のメモはなるべくコピーして複数取ってください。

確定的な証拠ができるまでは気にしない

集団ストーカーによる被害を受けた場合、某宗教学会員は「耐えるしかない」と示しています。

しかし、放置していても問題の解決に繋がらないケースは多いので、確定的な証拠ができるまではなるべく気にしないようにしましょう。

集団ストーカーによる嫌がらせが気になるからといって動揺していると、加害者の作戦通りに事態が進行しやすくなります。

付け焼刃的な集団ストーカー対策を繰り返すとあなたは心身ともに蝕まれますので、「これは絶対に集団ストーカーによるストーキング行為だ!」と断定できるまで必要以上に気にしないのは効果的な対策法です。

集団ストーカーは1人で悩むよりも探偵事務所に相談しよう

集団ストーカーによる嫌がらせを受けて、被害のメモを取ったりボイスレコーダーで録音したりと証拠を探して撃退しようと考えている方はいます。

証拠の収集は集団ストーカーの対策として効果的ですが、素人が簡単にできることではありません。

被害者の被害妄想で処理されないためには嫌がらせを受けている証拠が何よりも大事ですので、1人であれこれと悩まずに探偵事務所に相談してみましょう。

探偵事務所に集団ストーカーからの被害の相談をすることで、具体的に何をしてくれるのか幾つか挙げてみました。

  • 待ち伏せされている時の写真や仕掛けられている盗聴器など、集団ストーカーの証拠を掴む捜査をしてくれる
  • 一連の証拠を揃えた後に法的な手段に繋げるために、警察や弁護士に依頼する相談に乗ってくれる
  • 嫌がらせを中心とするストーカー行為に対して、何でも気軽に相談できる

加害者が一切分からない集団ストーカーと一人で戦うのはとても辛いことです。

しかし、探偵事務所に相談すれば集団ストーカーの被害に遭っている証拠を見つけ出してくれるだけではなく、気軽に相談できる相手ができます。

心の支えを得るためにも、探偵事務所を積極的に活用してみてはどうでしょうか。

確かな実績を持つ原一探偵事務所がおすすめ!

探偵事務所の選び方で迷っている方には、次のように確かな実績を持っている『原一探偵事務所』がおすすめです。

  • 調査実績が44年を超えている
  • 今までの解決実績は11万件以上

原一探偵事務所は今までに多くの被害者を救っていますので、集団ストーカーに対する対策もしっかりと心得ています。

あなたが快適に過ごすためのサポートをしてくれますので、1人で集団ストーカーを撃退する努力をするよりも専門家に依頼すべきですね。

原一探偵事務所では、メールや電話を使って24時間好きなタイミングで問い合わせることができます。

「いつも誰かに見られているような気がする」
「不特定多数の人間から嫌がらせ行為を受けている」

このような被害に思い当たる方は、原一探偵事務所に相談してみてください。

まとめ

集団ストーカー(ガスライティング)は、不特定多数の人間が被害者に対してストーキング行為を行うため、通常のストーカーと比べて非常に厄介です。

しかし、専門の探偵事務所に依頼して集団ストーカーによる嫌がらせを受けている証拠を集めれば、警察に被害届を出した時にきちんと対応してくれます。

集団ストーカーは一般的なストーカーとは違う対策が必要ですので、一人で不安な時は誰か別の人に相談してみましょう。

- ストーカー対策

Copyright© ストーカー被害SOS , 2020 All Rights Reserved.