ストーカーを撃退した方法まとめ!【被害女性は必見】

更新日:

ストーカーの撃退方法

このページでは、ストーカーの撃退方法やおすすめのグッズについてまとめています。

「たかがストーカーでしょ?」と安心している人はいますが、大きな事件やトラブルに発展するケースもありますので注意しないといけません。

自分の身は自分で守る必要がありますので、どのようにストーカーを撃退すれば良いのか見ていきましょう。

ストーカー被害を受けているかどうかチェック!

ストーカーの撃退方法について知る前に、まずは自分がストーカーによる被害を受けているのかチェックするのは大事ですね。

少しでも、「怪しいな~」「変だな~」と思う部分があれば、何かしらの対策を始める必要があります。

  • 自分の行動を細かく調べて束縛する元彼や元カノが周りにいる
  • 小さなことでも根に持つタイプの異性の友人が近くにいる
  • あなたが嫌がっているのにメールや電話がしつこくかかってくる
  • 駅で待ち伏せされたり自宅近辺で付きまとわれたりしている
  • 相手から自分を見張っていると告げられた
  • 自宅のポストから郵便物が消えていることがある

まずは自分の身の回りにおかしなことがないのかどうかチェックすることから始めましょう。

ストーカーの撃退方法をまとめてみた

ストーカー犯は意外なところに潜んでいますので、知らず知らずのうちに被害を受けていたというケースもあります。

実際にストーカーからの被害に遭い、精神的に苦しんでいる方は少なくありません。

基本的には自分と関わりのある人がストーカーになりやすいのですが、知らない人からの被害も報告されていますよ。

そこで、以下ではストーカーの撃退方法をまとめてみました。

ストーカーによる被害に遭ってしまった時に、どのような方法で撃退して自分の身を守れば良いのか一度目を通しておいてください。

常日頃から護身用グッズを身に付ける

常日頃から護身用グッズを身に付けておけば、ストーカーの被害に遭った時でも相手を撃退できます。

付きまとわれたり嫌がらせをされたりといった女性であれば、色々と持ち歩く必要はありません。

しかし、少しでもストーカー被害の疑いがあるようであれば、大きなトラブルに発展しないように護身用グッズを準備しておくべきです。

ストーカーを撃退するには、次の護身用グッズが役立ちます。

  催涙スプレー

特徴 液状や霧状のスプレーを目に噴射すると相手は目を開けていられなくなる
メリット コンパクトなサイズで持ち運びしやすく、即効性のある効き目が期待できる
デメリット 後ろから掴まれたり近距離で襲われたりした時は使用できない

  スタンガン

特徴 スイッチを押してスパークを発生させて、相手に電気ショックを与えられる
メリット 相手に使用した瞬間から指1本動かせなくなるほどの即効性を持つ
デメリット ゴツゴツとした形状で持ち運びしやすいとは言えない

催涙スプレーもスタンガンも、ストーカーから襲われた時のグッズとして効果的です。

現在ではインターネット通販でお手頃な価格で購入できますので、ストーカーによる被害は怖い方はバッグの中に忍ばせておきましょう。

周囲の人に協力を要請する

ストーカーから付きまとわれている場合、周囲の人に協力を要請して撃退するのは方法の一つです。

「誰も助けてくれないよね?」と考えている方はいますが、防犯ブザーを持っていれば周囲の人間に危険な目に遭っていると知らせることができます。

以下では、ストーカーの撃退でなぜ防犯ブザーが適しているのかまとめてみました。

  • とんでもない大きな音が出て直ぐには消すことができない
  • 自分が力で抵抗しなくても通行人や近隣の住人に異常を知らせることができる
  • ストーカー犯は第三者の視線が一番気になっている

防犯ブザーを持ち歩いているだけでも、ストーカーに対して一定の牽制効果を与えることができますね。

護身用グッズと同じようにコンパクトなサイズですので、バッグの中に入れておいても邪魔になりません。

「ピンを引いたりボタンを押したりと咄嗟の判断で鳴らせる」「異常なくらいの大きな音が出る」「耐久性や防水性を持っている」といった点で比較して、防犯ブザーを選びましょう。

探偵事務所に相談する

力による威嚇や脅しは、ストーカーに対して一時的な効果があります。

しかし、ストーカーは他人の気持ちなど考えず、自分の欲望のままに相手に嫌がらせを行うのが特徴です。

ストーカーにまで成長した加害者を自分の力だけで撃退するのは意外と難しいので、探偵事務所への相談をおすすめします。

探偵事務所と聞き、「浮気や不倫の調査で依頼する場所なのでは??」とイメージしている方はいませんか?

恋愛や結婚のもつれで悩む人が依頼しているのですが、ストーカー対策を専門にしている探偵事務所もありますよ。

ここでは、ストーカーの撃退でなぜ探偵事務所への相談が適しているのか幾つか挙げてみました。

  • ストーカーの行動を調べてどのような場所で待ち伏せしたり、どのような嫌がらせをしたりするのか徹底的に調査してくれる
  • ストーカーの被害の証拠を集めることで、警察が動き出すきっかけを作ることができる
  • 防犯対策のアドバイスでストーカーによる被害やトラブルを未然に予防できる

探偵事務所に依頼しても、警察のようにストーカーに対して警告を出したり処罰を与えたりすることはできません。

その代わりにストーカー被害を受けている証拠をしっかりと集めることができますので、「自分は被害に遭って苦しんでいる」という証明に繋がります。

警察は事件に発展する可能性がないと動き出してくれませんので、まずは探偵事務所に相談してストーカー被害の証拠を集めることから始めた方が良いでしょう。

「どの探偵事務所に相談すれば良いの?」と迷っている方には、原一探偵事務所がおすすめです。

他の会社とは違い、『原一探偵事務所』は次のように確かな実績と信頼を獲得しています。

  • 調査実績が44年間と長い
  • 今までの解決実績は11万件以上と多い
  • 日本全国24時間体制で相談に乗ってくれる

電話やメールで気軽に相談できますので、ストーカー被害で悩んでいる方は原一探偵事務所に問い合わせてみてください。

ストーカーを根本的に撃退するには警察に相談しよう

ストーカーを根本的に撃退したいのであれば、早めに警察に相談しましょう。

自分で追い払うのは限界がありますし、逆上してストーキング行為がエスカレートする恐れもあります。

中には危険な心理状態のストーカーもいますので、警察に相談して直接的に警告を与えるのが一番ですね。

警察が法的に動くにはストーカー被害を受けている証拠が必要ですので、次の3つを集める必要があります。

  • ストーカー行為を証明する映像
  • ストーカー行為を証明する音声
  • ストーカー行為を証明する物品

上記で紹介した原一探偵事務所に依頼すれば、ストーカー行為を証明する証拠を集めることが可能です。

自分で防犯カメラやボイスレコーダーを使って証拠を集めるのは限界がありますので、なるべく専門家に依頼しましょう。

まとめ

以上のように、護身用グッズや防犯グッズを使ってストーカーを撃退することはできます。

大きなトラブルや事件に発展するのを防ぐことができますが、ストーカー行為自体をやめさせるには探偵事務所や警察に相談すべきです。

ストーカーはあなたの身近に潜んでいるケースも十分にありますので、何をすれば自分の身を守ることができるのか考えてみてください。

- ストーカー対策

Copyright© ストーカー被害SOS , 2020 All Rights Reserved.