ストーカー気質のある女性の特徴!狙われたらヤバい…

更新日:

ストーカー気質のある女

思い込みが激しくて、一人の男性に夢中になる女性は危険!

そのようなタイプは、ストーカー気質があると判断できます。

自分でも知らず知らずのうちに、ストーカー行為をしている女性は少なくありません。

このページでは、ストーカー気質のある女性にどのような特徴があるのか解説しています。

女性が男性をストーカーすることはあるの?

世間一般では、女性がストーカー被害に遭うケースが知られています。

好きな女性を待ち伏せしたりしつこくメールを送ったりと、ストーカーの手口は様々ですね。

しかし、女性が男性に対してストーキング行為を行うのは決して珍しいことではありません。

ニュースで報道されるのは女性が被害者になるケースが多くても、男性がストーカーの被害者になることも十分にあり得ます。

以下では、ストーカー被害に遭いやすい男性に共通する特徴をまとめてみました。

  • 誰にでも優しくて真面目
  • 我慢強くて責任感がある
  • あまり他人に対して怒らない
  • 相手に勘違いされるような行動や言動が多い
  • 万人受けするようなイケメン

男性に非があるわけではありませんが、上記の項目に当てはまる方はストーカー女の標的にされる恐れがあると心得ておくべきです。

ストーカー気質のある女性の特徴をまとめてみた

「ストーカーの相手は女性だから気にしなくて大丈夫」と考えている男性はいませんか?

確かに、男性と比べると女性は力が弱いので、大きな事件やトラブルに発展するケースは少ないでしょう。

しかし、ストーカー男が女性のプライベートを狙うのに対して、ストーカー女は男性の仕事を狙ってきます。

場合によっては日常生活に支障が出ることも考えられますので、ストーカー女を甘く見てはいけないのです。

以下では、ストーカー気質のある女性の特徴をまとめてみました。

自分の身の回りにストーカー気質のある女性がいるのかどうか参考にしてみましょう。

思い込みが激しい

思い込みが激しすぎる女性は、ストーカー気質があります。

  • 柔軟な思考や考え方ができない
  • 感情的に捉えて信じ込んでしまう
  • 不幸なのは自分だけだと考える

上記の項目に該当する女性は、好きな男性ができると思い込みが更に強くなるのが特徴です。

最初から大胆な尾行やつきまといをすることはなくても、「相手が好きで夢中になっているうちにストーカー行為をしていた」というケースはありますよ。

間違った行動をしても自分の信念のまま動いていますので、「自分が悪かった・・・」と反省することはありません。

嫉妬や束縛が激しい

嫉妬や束縛が激しい女性は、ストーカー気質がありますので要注意です。

まだ付き合ってもいない男性に対しても、自分が好きだと次のような言動に出ます。

  • 別の女性と会話しているだけでも嫌がる
  • 仲良くしている女性に対して近づくなと言う

「彼は自分のもの」「彼と脳内で付き合っている」と勘違いしているため、自分以外の女性に対して牙をむくわけですね、

嫉妬や束縛の激しい人は関係のない周りの女性を傷付ける恐れがありますので、「あの人はそうかも・・・」と当てはまる女性が近くにいる場合は注意しましょう。

未練が強い

未練が強い女性は、いつまで経っても別れた相手のことを忘れることができません。

別れた原因が彼氏でも自分でも、もう一度やり直したいと考えているため、知らず知らずのうちにストーカー行為を繰り返してしまいます。

一般的な女性であれば、未練があってもこのような感じで忘れるのが普通です。

  • 新しい恋をスタートしようと頑張る
  • 嫌なことを忘れるためにお酒を飲む
  • 元カレの画像や連絡先を消す

ストーカー気質のある女性は未練タラタラですので、何をしても忘れることができません。

自己中心的

自分のことしか考えられない自己中心的な女性は、ストーカー気質のある代表的な特徴です。

相手の気持ちを考えることができる人間であれば、ストーカー行為を繰り返すことなんてありません。

相手の気持ちよりも自分の欲望を最優先に考える傾向がありますので、つきまとったり待ち伏せしたりといった嫌がらせをします。

自己中心的な女性は、「自分が相手を大好きだから気持ちを伝える」「相手のことを知りたいから自分から積極的に動いている」と、ストーカー行為をしている自覚を持っていない方も多いですね。

誰かに注意されても「余計なお世話」としか考えないため、ストーキング行為をやめさせるのは難しいでしょう。

妄想力が強い

妄想力が強い女性も、ストーカー気質があると判断できます。

一度相手の男性を好きになると、次のように自分の都合の良い方向に物事を考えやすいのが特徴です。

  • 自分のストーキング行為に嫌がっていないのは好きだという証拠
  • 今は避けられているけど、いつかは私を選んでくれる

ストーキングされている本人の知らないところで勝手に妄想が膨らみ続けているのは、少し考えてみるとかなり怖いのではないでしょうか。

過去に執着して今を考えない

男性に対してストーカー行為を行う女性は、過去に執着して今を考えない傾向があります。

以前付き合っていた男性と別れても未練が強すぎるため、これからの自分を考えようとしません。

逆に言えば、過去に執着するのは現実の生活が満たされていないのが大きな理由です。

  • 同性の友達がいない
  • 一人で過ごすことが多い
  • 気軽に相談できる人がいない

上記に該当する女性はストーカー気質がありますので、「元カレが一番だった・・・」と思い出を美化して嫌がらせ行為をしてしまいます。

精神的なストレスを溜め込んでいる

ストーカー化する女性は、「自分の欲望のままに突き進んでいるからストレスなんて感じていないだろう」といったイメージがあります。

しかし、日頃の生活の中で精神的なストレスを溜め込んでいて上手く発散できないため、ストーカー行為に走りやすいのです。

以下では、なぜストレスを溜め込むのが良くないのか簡単にまとめてみました。

  1. ストーカー気質の女性は気持ちを切り替える趣味を持っていないことが多い
  2. 仕事やプライベートで溜まったストレスを発散できない
  3. 発想の転換ができないので同じことで思い詰めやすい
  4. 考えが悪循環になってストーカー行為をやめられなくなる

自分ではストーカー行為をしているつもりはなくても、知らず知らずのうちに好きな人を追い回しているケースはあります。

ストーカー気質のある女性につきまとわれた時の対策

ストーカー気質のある女性につきまとわれると、中々話し合いでは解決できません。

それは相手の女性は自己中心的でわがままで、自分の非を認めようとしないからです。

被害者のあなたが甘い認識でいると大きな事件に発展するケースもあるため、ストーカー気質のある女性につきまとわれた時は次の対策を行ってみましょう。

  • 周囲の人に攻撃がいかないように配慮する
  • ストーカー被害を受けている証拠を集める
  • その証拠を警察や弁護士に提出する

自分一人の力で解決するのは難しくても、探偵事務所や警察に相談すればそれなりの対応をしてくれます。

「男性だから恥ずかしい・・・」という気持ちを捨てて相談すべきです。

まとめ

以上のように、ストーカー気質のある女性には、「自己中心的」「未練が強い」「妄想力が激しい」「嫉妬深い」など様々な特徴があります。

いきなりストーカー行為を行うのではなく、だんだんとエスカレートしていくケースがほとんどですね。

相手の気持ちを考えずにストーカー行為を行う女性を食い止めるのは意外と厄介ですので、一人で悩まずに探偵事務所や警察に相談してみてください。

- ストーカー気質

Copyright© ストーカー被害SOS , 2020 All Rights Reserved.